夭折した女性スポーツ芸能人

提供: Yourpedia
移動: 案内検索
岡田有希子(18歳)
夏目雅子(27歳)
遠藤康子(17歳)
保倉幸恵(22歳)
飯野矢住代(21歳)
堀江しのぶ(23歳)
鈴木沙彩(18歳)
神戸みゆき(24歳)
朝日なつみ(21歳)
福田真梨子(11歳)
古山優亜(16歳)
岡部三千代(18歳)

女優[編集]

歌手・ミュージシャン[編集]

  • 岡田有希子 - アイドル歌手。「ポスト松田聖子」と評されたが、1986年に飛び降り自殺。18歳。その後、日本各地で後追い自殺が相次ぎ、国会でも社会問題として取り上げられた。
  • 杏真理子 - 歌手1973年、音楽の勉強のために渡米したが、翌年元恋人に殺害される。25歳。
  • 大本萌景 - 農業アイドルグループ「愛の葉Girls(えのはガールズ)」 のメンバー。2018年3月21日に自宅で首を 吊り、16歳という若さでこの世を去った。
  • SACHIKO - 歌手。DOUBLEで妹のTAKAKOと共に活動。1999年にくも膜下出血により死去。25歳。
  • 堀口綾子 - アイドル歌手。アイドルグループ「みるく」として活躍。1995年に自宅で首吊り自殺。22歳。
  • 松野莉奈 - アイドル歌手。私立恵比寿中学で活躍。2017年、致死性不整脈で急死。18歳。
  • 丸山夏鈴 - アイドル歌手。がんと闘うアイドルとして知られた。2015年5月、脳腫瘍の一部が肺に転移して死亡。21歳。
  • 毛利公子 - 歌手。結婚ソング「ウエディング・ベル」で著名な女性3人組のコーラスグループSugarの一員。1990年、出産直前の胎児死亡による老廃物逆流によって起こった大腸変位により死去。29歳。
  • 柳原尋美 - アイドル歌手。カントリー娘。のメンバー。1999年、撮影現場に向かう途中、運転していた車が横転し事故死。19歳。

タレント・モデル[編集]

  • 青山加奈 - レースクイーン、タレント。東京の深夜番組などに準レギュラーで出演し、飯島愛が以前所属していたオフィスレオの所属だったことから「ポスト飯島愛」と呼ばれ期待されていたが、1998年に仕事先の大阪市内で急性心筋梗塞のため死去。21歳。
  • 朝日なつみ - モデル。ヴィズミックモデルエージェンシー所属。2011年8月、愛知県一宮市で丹羽雄治(45歳)により強姦殺害された。21歳。
  • 飯野矢住代 - 1968年ミス・ユニバース日本代表。男友達のマンションの浴室内で窒息死。21歳。
  • 岩田ゆり - タレント・ファッションモデル。TBSの深夜番組『ワンダフル』の第5期ワンギャルとして活動した後、バラエティ番組やファッション雑誌『ViVi』の専属モデルなどで活躍。2006年に仕事先のラスベガスで脳内出血のため死去。25歳。
  • 上原美優 - グラビアアイドル。グラビアの他、テレビのバラエティ番組などにも数多く出演していた。2011年に東京都内の自宅マンションで首吊り自殺。24歳。
  • 遠藤康子 - アイドル。中学2年生の時にスカウトされモデルとしてデビュー。1986年、歌手デビュー直前に飛び降り自殺。17歳。
  • 太田八重子 - ヌードモデル1969年3月、「讃歌」と題する写真展で空前の反響を呼んだ。同年12月、静岡県清水市(現・静岡市清水区)の三保海岸で不倫の清算のために自殺。25歳。
  • 岡田れえな - タレント・女優。2014年4月、急性心不全のため、東京都内の病院で死去。26歳。
  • 勝野七奈美 - モデル、デザイナー。勝野洋とキャシー中島の長女。2009年に肺がんで病死。29歳。
  • 古山優亜 - 小中学生向けのファッション誌にモデルとして登場。中学時代は吹奏楽部に、高校ではギター部に所属していた。2005年11月、町田市の自宅団地で同級生の男子生徒に刺されて死亡。15歳。
  • 純恋 - モデル。ファッション雑誌『小悪魔ageha』のモデルとして知られる。2009年に 脳出血により死去。21歳。
  • 諏訪美緒 - モデル。ギャル系ファッション誌などで活躍。2014年にくも膜下出血で死去。23歳。
  • 南条あや - ネットアイドルフリーライター1999年3月30日、薬物過剰摂取によって死亡。18歳。明確な自殺の意思があったかどうかは不明。死後『卒業式まで死にません』という本が出版された。
  • 堀江しのぶ - グラビアアイドル。健康美あふれるプロポーションで男性ファンの注目を 集めた。後にタレント・女優としても活躍していたが、1988年にスキルス性胃癌の ため死去。23歳。
  • 村上恵梨 - グラビアアイドル。サッポロビールキャンペーンガール、ユニチカマスコットガールなどを務めた。2007年に虫垂癌のため死去。25歳。
  • 山内芽衣 - モデル。1990年2月、幕張メッセの輸入車ショーでコンパニオンをしていたとき倒れて死去。29歳。

AV女優[編集]

  • 麻生美由樹 - 着エロ系のグラビアアイドルを経て、AV女優に転身。2008年、自宅で硫化水素を用いて自殺。20歳。
  • 倉沢七海 - 2004年に都内の自宅マンションで飛び降り自殺で死去。28歳。
  • 里中まりあ - 1999年大阪市のホテルの客室で射殺体となって発見される。21歳。
  • 牧野田彩 - 「L☆IS」のメンバーとして歌手デビューし、タレント、レースクイーンを経て2009年「AYA」名義でAV女優に転身。2010年、都内の自宅マンションから飛び降り自殺。30歳。
  • 美咲沙耶 - あどけない顔つきと、それに似合わぬ垂れた軟乳が魅力。2007年に自殺。21歳。
  • 桃井望 - ロリータ系のAV女優としては希有の高い人気を得て、200本以上のAVに出演したが、2002年に乗用車内で焼死体として発見される(直接の死因は刺殺)。24歳。

声優[編集]

女性スポーツ選手[編集]

  • 松沼緑 - 大井競馬所属の美人騎手。本名は阿井緑。1993年11月30日、品川区の公園で首つり自殺。21歳。
  • 寺輪博美 - 新体操選手。2013年8月、三重県四日市市の菰野高校の3年生男子に殺害された。15歳。
  • 稲垣聖菜 - 新体操選手。2015年12月23日、高齢運転者による事故で死亡。15歳。
  • 新見悦子 女子体操選手。1976年1月18日に跳馬の練習中に着地に失敗して頭から落下、9日後に骨折による呼吸マヒで死去。17歳。
  • 川田純子 - 体操選手。1987年2月、相模原市内の県道で酒酔い運転の車にはねられ死亡。16歳。
  • 竹松さやか 女子体操選手。1989年10月1日に長野県の南信高校総体新人大会で床運動の演技中に後方宙返りに失敗、首の骨を折って死去。16歳。
  • 福田真梨子 - 体操選手。1989年3月、兵庫県西宮市の仁川ピクニックセンターで豊中市職員の男に殺害され、全裸死体となって発見された。11歳。
  • 竹内恵美 - 陸上選手。1985年3月、高校陸上部顧問のパワハラを苦にして自殺。17歳。
  • 伊地美香 - 女子バレーボール選手。沖縄県名護市立羽地中学3年。1996年6月、下校中に2人の男に拉致され、翌年1月に国頭村で白骨死体となって発見された。15歳。
  • 横山友美佳 女子バレーボール選手。2004年に全日本代表に選出されるが、18歳の時に癌であることを宣告される。闘病生活を続けるが、2008年4月17日に死去。21歳。
  • 浅尾美紀 - 女子バレーボール選手。2008年9月、自転車に乗っていたところ車と接触し、後頭部を強く打って死亡。17歳。姉はビーチバレー選手の浅尾美和
  • 井元しおり - 女子バスケットボール選手。熊本県立甲佐高校1年生。1987年12月、セールスマンの男によって甲佐町の自宅から連れ去られ、翌年1月に同県牛深市の漁港でシートに包まれた全裸死体となって見つかった。16歳。
  • 田中真澄 - 女子バスケットボール選手。1978年秋田県高校総体での初戦敗退を苦にして自殺。18歳。
  • 福井美恵子 - 女子バスケットボール選手。1980年11月、心不全のたで死去。23歳。
  • 上永吉淳代 - 女子ハンドボール選手。1978年1月、高校のハンドボール部の練習中に倒れて死亡。18歳。
  • 岡部三千代 - 女子テニス選手。1989年7月、兵庫県明石市の寿司店内でレイプされ、全裸絞殺死体となって路上に遺棄された。18歳。
  • 山口和美 - 女子テニス選手。長崎県立長崎東高校2年生。1984年8月、下校中に23歳の工員に殺害され、全裸死体となって発見された。17歳。
  • 高橋美代子 - バレリーナ1973年2月、千葉県船橋市海神の空き家でレイプされ、絞殺死体となって発見された。11歳。
  • 根本敦子 - バレリーナ。1979年3月、茨城県那珂湊市(現・ひたちなか市)の空き地でプリマドンナ姿で焼身自殺。働きながらバレエを続けることを目指していたが、就職試験で不合格だった。18歳。
  • 坂井宏未 - 女性オートレーサー。2012年1月15日、船橋オートレース場で落車して死亡。27歳。
  • 宇田由香 自転車競技選手。ロードレースを主戦場として活躍し、2008年には世界選手権・個人ロードレースにも出場した。しかし、結婚直後に急性骨髄性白血病を発症し、2010年7月2日死去。28歳。
  • 門恵美子 女子プロレスラー。アルシオンで活躍。1999年3月31日に福岡市で行われた試合中に後頭部から落とされそのまま昏睡状態に陥る。その後意識が戻ること無く、4月9日に23歳で死去。
  • プラム麻里子 女子プロレスラー。ジャパン女子プロレス→JWP女子プロレスで活躍。1997年8月15日に広島市で行われたタッグマッチにおいて対戦相手の尾崎魔弓のライガーボムを受けて意識不明の重体となり、搬送先の病院で緊急開頭手術を受けたものの、翌8月16日に容態が急変し、急性硬膜下出血並びに脳挫傷により急逝。29歳。日本プロレス史上初の試合中死亡選手として知られる。
  • 未来 女子プロレスラー。本名は北上知恵美。AtoZなどで活躍。2005年9月14日、自宅浴槽で事故死。22歳。

関連項目[編集]